つれづれ投資の空

日経225はチャートを読み込もう

04.10.2016 · Posted in CFD

株式投資をするなら、日経225各銘柄の値動きをじっくり読み込むことは必要不可欠です。でも、小中学生の算数や理科のグラフではありませんので、ただただ折れ線が上下するのを眺めているのでは意味がありません。株式投資は、安く買って高く売ることで利益が得られるわけですから、今後どの銘柄がどんな値動きをするのかを予測しなくてはなりません。また、日々上がったり下がったりするのが株なわけですが、正常な範囲内の値動きなのか、これから大きく動いていくようなものなのかを見極めることも大切です。そのためには、チャートやロウソク足の読み方をマスターしておきたいですね。

ちなみに、株の取引きができるのは、東京証券取引所などの市場が開いている時間だけです。すなわち、朝9時~11時半までの「前場」と呼ばれる時間帯と、12時半~15時半までの「後場」と呼ばれる時間帯ですね。でも、これらの時間以外にも注文をしておくことはできます。ネット証券の場合は24時間申し込みができ、申し込み後、次に市場が開いたときに注文が実行されます。日中はお仕事をしている方でも、お昼休みや終業後のタイミングをうまく使って、チャートを読み込んで注文しておくことができそうですね。

Leave a Reply